ページTOPへ

歯とお口をテーマにミュゼホワイトニングがお伝えします!

メインイメージ

歯にできる「シミ」って?原因と解決法が知りたい!

イメージ

模様のようなシミの正体は「ホワイトスポット・ブラウンスポット」

歯に白や茶色い模様が部分的にあり、歯医者さんのクリーニングでも取れない・・・。そんなものを見たことはありますか? それはホワイトスポットやブラウンスポットと呼ばれるものかもしれません。
歯の表面にシミのようなものができるのですが、できる場所によってはコンプレックスになっている方も多いです。 このシミ、虫歯と思われる方も多いと思いますが、虫歯だけではなくその他にも原因があります。

なぜできるの?ホワイトスポット・ブラウンスポット

エナメル質形成不全(エナメル質の構造が正常に作れなかった)部分
・何らかの原因(先行乳歯の虫歯や怪我、病気や栄養障害)により、エナメル質の構造が一部きちんと出来ずに、光の透過の変化により白く見える。程度によって茶色くなったり、エナメル質が一部欠損することもあります。

齲蝕などによる脱灰と再石灰化
・軽度の虫歯、穴が開く前の段階では菌の出す酸によって、エナメル質のリンやカルシウムが抜け出し(脱灰)、構造が粗になります。その部分は光の透過が通常部分とは異なり、そこだけ白く見えます。 また、生体には再石灰化という脱灰された部分を治す働きがありますが、脱灰された部分を修復していくときに色素が取り込まれてしまうと、茶色いシミのようになります。

歯のフッ素症
・歯を丈夫にするフッ素ですが、歯の形成期(永久歯だと生後6ヶ月~5歳までの間)に長期間高濃度のフッ素を過剰に摂取する(飲み込む)とおこります。 すでに生えている歯には過剰摂取したとしても歯に模様が出ることはありません。 また歯の形成期に歯磨き粉などのフッ素が入っているものを使用したとしても、毎日大量に飲み込むなどしなければ問題ありませんのでご安心ください。 フッ素症の軽度のものであれば白いチョークの様な状態になりますが、重度になると茶色い斑点が出たり、一部欠損してくることもあります。

ホワイトスポット・ブラウンスポットの解決法は?

撃退イメージ 解決法は様々あります

ホワイトニング
ホワイトスポットの周囲の歯の色を白くすることによってホワイトスポットとの色の差を縮め、目立ちにくくしていきます。ただ、ホワイトニング直後には一時的(数時間から1週間)にホワイトスポットが強調されることがあります。また、ブラウンスポットの場合、逆に目立つことがあります。

Icon(アイコン)
脱灰したエナメル質に特殊樹脂を流し込むことによって光の透過を周囲と同じようにする方法。痛みも少なく削らずに治療できますが、脱灰によるホワイトスポットを治療するもののため、先天的なホワイトスポットの改善には向いていません。また、導入している歯科医院もまだ少ないため、近場で探すのは難しいかもしれません。

MIペースト
牛乳由来のカルシウムやリンなどを歯に塗って、石灰化不全部分を治していきます。削らずに修復していく形になりますが、かなりの期間を要したり、必ず改善できるというものではありません。

エナメルマイクロアブレーション
歯の表面を薄く削り落とし、変色している部分を取り除きます。欠点としては表面的なものしか対応できないため、歯質の深い部分にできたものに関しては完全には取りきれません。

マニキュア
歯の表面に爪のマニキュアのように色を塗り、見えないようにしていきます。一日できれいになりますが、一時的なもののため、いずれ剥がれてしまいます。

CR充填
いわゆる削って詰めるという従来の方法です。確実に改善はしますが、歯を削る必要があります。

ラミネートベニヤ
歯の表面全体を一層削り、付け爪のように表面にセラミック等を貼り付けていく方法。確実に改善はできますが、歯を削る量が多く、価格も他のものに比べて高額です。

上記のように様々な方法がありますが、ホワイト・ブラウンスポットの程度や、どのようなことを望んでいるのか、メリット・デメリットをしっかり把握した上で行うことをおすすめします。
お悩みの部分がどういったものなのか、まずは判断が必要になりますので、歯科医院にお気軽にご相談ください。

その他の人気コラム

もっと読む

ミュゼホワイトニングについて

医院サイト