ページTOPへ

歯とお口をテーマにミュゼホワイトニングがお伝えします!

メインイメージ

歯がグレー色!テトラサイクリン歯って?変色の原因や対処法が知りたい!

イメージ

歯がグレーに変色する「テトラサイクリン歯」

歯の色がグレー色や縞模様などが出ていて気になっている方はいませんか? もしかしたらそれはテトラサイクリンというお薬の影響かもしれません。 ご本人は気付いていなくても実はそうだったということも多々あります。 今回はこのテトラサイクリン歯についてお話しようと思います。

そもそもテトラサイクリンって?どんなお薬?

テトラサイクリンはテトラサイクリン系に属する抗生物質のことです。

菌の増殖を抑える働きがありますが、いろんな種類の菌に効果が見られることから多用されていた時期があります。 ただ、歯の着色の報告が挙げられてからは妊婦や12歳までのお子様への処方は、やむをえない状況を除き避けられるようになっています。 現在でも肺炎やにきびの治療薬としても使用されています。

どうして歯に色がつくの!?

お薬に蛍光粒子が含まれていて、歯を作る時期(0歳から12歳までの間)にテトラサイクリン系のお薬を服用すると、歯の中に蛍光粒子が取り込まれ、象牙質に着色を起こします。 また、蛍光粒子が紫外線によっても変色してくるので、生えたての時には気になっていなくても徐々に歯の色が気になってくるという方もいらっしゃいます。 この場合、唇により紫外線をさえぎられている部分とそうでない部分に分かれるため、唇に一致した線が歯全体で出てくるのが特徴です。

テトラサイクリン歯だと歯はどんな色?

服用したお薬の種類や時期によって出てくる色や場所は変わってきます。 色としては淡い黄色や濃いオレンジ色、黒に近い場合もあり、縞状に色が出てくることもあります。 また、左右対称に出てくるので、お薬を飲む時期によっては6歳臼歯のみに出てくるということもあります。 場合によってはエナメル質形成不全を伴うこともあります。

テトラサイクリン歯だ!どうしたらいいの?

テトラサイクリン判明イメージ

歯の色を少しでも白くしたいとご相談にいらっしゃる方も多いですが、テトラサイクリン歯の程度によってどんな方法がいいのかは変わってきます。

①軽度の変色(淡い黄色)
ホワイトニングで回復が期待できます。歯を削らずにできるので、 この方法が一番おすすめになります。

②中程度の変色(濃いオレンジ色~淡い茶色)
ホワイトニングである程度の回復は期待できますが、医院で行ってもらえるホワイトニング(オフィス)と自宅でするホワイトニング(ホーム)の併用がより望ましいです。

③重度の変色(グレーや黒などの暗色系)
ホワイトニングでの解決は難しいため、ラミネートベニヤやかぶせ物、マニキュアによる治療が一番です。

基本的に削らずに済むホワイトニングがお勧めにはなりますが、真っ白になるわけではなく、また色のムラや縞模様がなくなることはないので、お悩みの内容によっては軽度でもベニヤがおすすめになることもあります。

その他の人気コラム

もっと読む

ミュゼホワイトニングについて

医院サイト