ページTOPへ

歯とお口をテーマにミュゼホワイトニングがお伝えします!

メインイメージ

あなたの口臭ケアは万全?正しい知識で口臭を改善したい!

イメージ

本人に悪気はなくても、周囲を不快にさせてしまいかねない口臭。自分では気づきにくく、他人からは指摘しづらいものです。「誰も言わないけど、私もしかして臭いかも…?」と不安になった経験は誰しもあるかもしれません。
日頃からエチケットとしてきっちりケアして、万全な状態にしておきたいところですが、予防のために具体的に何をすればよいのかわからないという人も多いのではないでしょうか?入念に歯磨きをしたり、ガムをかんだりするだけでは不十分な場合もあります。
ここでは、その口臭の原因を知り、対処方法について紹介します。

口臭の原因とは?

口臭のほとんどは、剥がれ落ちた粘膜・唾液・食べ物のかすに含まれるタンパク質が、口内の常在菌によって分解・発酵されることによって発生します。
つまり誰にでもあるもので、個人差はあるものの、通常は周囲に多大な不快感を与えるほどの臭いではありません。
厄介なのは口内環境の乱れによって発生する、よりひどく、強烈な口臭です。治療または対策を必要とするひどい口臭の原因は、主に5つあるとされています。

〈虫歯〉
虫歯には独特の臭いがあり、虫歯が進行するにしたがって臭いもきつくなります。
また、虫歯の穴に食べかすなどが溜まると、細菌が繁殖して歯垢=プラーク(※1)に変わり、臭いを発します。虫歯が神経組織を侵すようになると、強い腐敗臭がすることも。 ※1:プラークとは、口の中の菌が歯の表面に付着し増殖したものです。簡単に言うと〈細菌の塊〉のようなもの。
〈歯周病〉
歯垢内で増殖した歯周病原因菌が「揮発性硫黄化合物」のガスを放出することで口臭が発生します。
さらに歯周病が進行して炎症部分が化膿するとガスに膿の臭いが混ざり、より強い悪臭となります。その臭いは〈生ごみのような臭い・腐った玉ねぎの臭い・卵が腐ったような臭い〉と例えられることもあるほどです。
〈舌苔(ぜったい)〉
舌苔とは舌の表面に付着する白っぽいもので、口臭のもととなる細菌やタンパク質を多量に含んでいます。
体調不良の時には舌苔が厚くなり、臭いも強くなります。
また、舌の表面を傷つけてしまうような刺激の強い舌磨きをすると、口臭を悪化させかねないので要注意です。
〈膿栓(のうせん)〉
膿栓とは喉の奥の両脇にある扁桃にできる乳白色の小さな塊で、扁桃によって体内への侵入を拒まれたウィルスや細菌の死骸が溜まったものです。潰すと硫黄のような悪臭を放つことから、臭い玉と称されています。
通常は飲み込んだり、咳をした拍子に口外へ排出されたりして臭いを発することはありませんが、唾液の量が減ると膿栓が過剰に増え、口臭を引き起こすことも。
〈喉・肺からの臭い〉
厳密にいえば、これは口臭ではなく「呼吸臭」にあたります。口から発せられるという点で共通しているので、しっかり対策しておきたいものの1つです。
咽頭炎や喉頭炎などの炎症があると、タンパク質を多く含む血液や膿が口の中に出て臭いを発することがあります。呼吸器官系・消化器官系の病気が口臭の原因になることもあります。

胃の臭いが口臭になると勘違いされがちですが、実際のところ胃のガスが口まで上がってくるのは、げっぷか嘔吐をした時に限ったことです。胃の臭いが口臭に直接影響を及ぼすことはありません。

口臭のチェック方法

舌、歯茎、扁桃腺などの臭いを発する可能性があるパーツを指で撫でて嗅いでみたり、着用していたマスクを嗅いでみたりといったセルフチェックの方法もありますが、口臭の強弱を自分自身で確認するのは容易ではありません。
客観的に測定するには、口臭チェッカーがおすすめです。最近では判定制度がアップし、価格も手頃なチェッカーが多く市販されています。口臭チェッカーは息を吹きかけるだけで臭いを検知する半導体センサーが内蔵されており、通常3~6段階でその強弱が判定されます。コンパクトサイズで軽量タイプのチェッカーは、外出先でも使えて便利です。

より確実で信頼のおける測定結果を望むなら、口臭外来での診査を受けることをおすすめします。 口臭測定機による検査だけでなく、舌の視診、唾液の採取・検査、口内湿度の測定、口腔内診査などによって、口臭の強弱だけでなく、その原因を探ることも可能です。

口臭の種類

口臭は主に以下の2タイプに分けることができます。

生理的な口臭
加齢性口臭、ホルモンの変調によって発生する妊娠時口臭、ニンニクやネギなどの食べ物による口臭、酒やたばこなどの嗜好品による口臭などがあげられます。また、起床時や空腹時に発生する口臭も生理現象のひとつです。 いずれも一時的なもので口内を清潔にしていれば時間とともに消える臭いなので、通常は治療の必要はありません。
病的な口臭
口臭にかかわるのは、歯周病や歯肉炎などの歯科領域の疾患が圧倒的多数ですが、それ以外にも、蓄膿症や扁桃炎などの耳鼻科領域の疾患や、代謝異常や遺伝的疾患を含む糖尿病や肝臓・腎臓の病など全身疾患によって引き起こされる口臭があります。

また、身体的な病気だけでなく、心理的な問題にかかわる口臭もあります。 臭いの有無にかかわらず口臭を過剰に意識する「口臭症」や、自分の臭いによって他人から忌避されているのではと思い込む「自己臭症」などは、コミュニケーションがうまく取れなくなる神経症性障害や、被害妄想などを含む精神病性障害を引き起こしかねません。

対処方法

口臭の根本的解決のためには、やはり医師に診てもらうのが最善策です。原因がわからないと何科の病院に行けばよいかわからないかもしれませんが、まずは歯科医で「口臭外来」の検診を受けると良いでしょう。
そこで原因を調べてもらうことができますが、口臭の大半は〈虫歯・歯周病の治療〉と〈歯磨き指導〉によって解消または軽減するはずです。蓄膿症の可能性を指摘されたり、膿栓ができていた場合は耳鼻科へ、そして代謝異常が疑われる場合は内科へ行きます。

さらに自宅でのセルフケアも重要です。正しい方法での毎日の歯磨き・舌磨きは当然ですが、オーラルケアの万能薬とも称される〈重層水でのうがい〉もおすすめです。 口内をアルカリ性に保つことによって、悪玉菌の繁殖を抑制し、臭いのもとを減らします。

また、口臭予防に効果があるとされるキシリトールガム・緑茶・牛乳などを意識的に口にすることもおすすめです。反対に、タバコやコーヒーは控えることが賢明でしょう。
そのほか、水を飲んだり、酸っぱいものを思い浮かべて唾液の分泌を促すことで口内の乾燥を防ぐだけでも、口臭改善には役立ちます。

口臭を改善するポイント

口臭改善のためには口内環境を整えることが重要ですが、そのためにはオーラルケアだけでなく日々の生活習慣を見直すことも必要です。
あまり関係がないように思えるかもしれませんが、暴飲暴食や不摂生をやめ、疲労を溜め込まないように十分な睡眠をとることも口臭改善には有益です。安定した精神状態が保てるよう、適度なストレス解消を心掛けると良いでしょう。
「口臭がきついのでは…?」と意識しすぎることは、かえってストレスを招くことになりますので禁物です。あまり悩みすぎないように、上手に気分転換してみてください。

気軽にできる口臭対策

口臭予防に特化した歯磨き粉を選んだり、フレッシュな味わいのガムやタブレットを食べたり、マウスウォッシュでうがいをしたり、サプリメントを飲んだりといった気軽な対策でも、毎日コツコツと続ければ口内環境が整い、口臭の軽減も可能です。

口臭ケアとしての「歯のホワイトニング」

歯を白くするためのホワイトニングですが、汚れを除去・予防するタイプの施術(薬剤)であれば、口臭ケアにも役立ちます。
歯を削らずに汚れを浮かせて落とし、表面をコーティングすることで菌の付着を予防する「分割ポリリン酸のホワイトニング」は、口臭対策と並行して見た目の美しさの改善も目指せるためおすすめです。

ミュゼホワイトニングについて

医院サイト

その他の人気コラム

もっと読む

メニューのご紹介

初回トライアルメニューポリリンホワイトニングが気になっている方へ「お試しホワイトニング20」20本5000円

各種オプションメニューホワイトニング前後に行う施術。歯のクリーニング、ポリリントリートメンetc.

複数回コースメニュー白さを深めたい方へメンテナンスに。「まとめてコース」

ご自宅ケア・アフターケアにホームホワイトニング各種アイテムはこちら

学生の皆さま向けメニュー学生なら平日に限りご利用可能。「学割ホワイトニング」